エントリー

2018年05月の記事は以下のとおりです。

IMG_0617.JPG

1,000kmを超えたので2回目のオイル交換を実施。オイル自体は相応に汚れていたもののストレナーへの金属片付着は殆ど無かった。次回から3,000km~5,000kmペースで良さそう。

締め付けトルクは、ドレンボルト=24N・m、ストレナー=20N・m。オイル量は0.7L。

-----

IMG_0602a.JPG

お察しの通り、ここ数日で乗り換える方向へ一気に傾いて、本日SCRAMBLERを売却。

DUCATI SCRAMBLERは、2014年のEICMAで衝撃のアンヴェール。導入前から興味を持って、国内価格発表直後に契約。そこから納車まで4ヶ月待った。楽なポジションで長距離が苦にならず、その気になれば十分速い一台。空冷Lツインのワイルドな鼓動も楽しかった。また、発売当初からカスタムパーツが豊富だった点も非常に楽しめた。

一方で、タンク容量が少なく航続距離が短い点が不満。メーターにガソリン残量計も無いため、オドメーターを使って給油のタイミングを計る必要があった。(MY2019のマイナーチェンジで改良。)
それから、派生車種が矢継ぎ早に投入されたり、ライフスタイルの押し売りが過ぎる広告戦略に嫌気がさしたのも乗り換えを考えるきっかけになった。

とはいえ、1万5千km近くノートラブル。積載面で困ることも無く、元気に走ってくれた事には感謝。3年間どうもありがとう。

ということで、次のマシンはTriumph Street Triple R LOWに確定。既に木曜日に試乗し、一発で気に入って契約済み。あとは納車を待つのみ。

天気が良かったので、日曜に見積もりを出してもらったトライアンフ岡山まで試乗に行ってきた。あまりの暑さに早くもフルメッシュパーカーを投入。但しトンネルに入ると寒い。高松西から高速に乗って、府中湖PAで休憩&水分補給&ヘルメットバイザー清掃(虫が多い)。約110km、2時間ちょっとのソロツーリング。

到着後、早速、誓約書にサインしてStreet Triple R LOWに試乗。軽い車体と良好な足つき。ポジションも違和感なく、跨った瞬間の気軽さはCB400を凌ぐほど。ハンドリングは軽く、ヒラヒラ感は250ccクラスに匹敵。しかし、アクセルを開ければ、紛れもなく大型車の推進力。地を這うように加速。これは面白い。

途中、信号待ちからの発進でエンスト1回。どうやら、これはNinja400の試乗で感じたアレと同じで、普段乗っているScramblerの感覚で乗ると低速トルクが不足するヤツ。後で教えてもらったのだが、アシストクラッチの癖も関係しているらしい。慣れれば問題ない範囲だと思われる。

一応RSの方にも跨がらせて貰ったが、こちらはテールがグッと上がって、景色が違って見えた。シート高が45mmアップするが、車体が軽いので支えるのは問題なさそう。しかし、自分にはR LOWの気軽さがベターに思えた。

恒例のスズキファンRIDEフェスタへ。3年連続の雨予報となりクルマで参加。大川オアシスに朝8時半集合~会場のHST四国までは空が明るくなる区間もあったが、受付を済ませて1台目(SV650X)に乗る頃には雨がパラつき始め、2台目(SV650)で本降り。3台目(GSX-S125)では、路面に水が浮く状態。それでも、ライディングポジションや低速のフィーリングは感じられたので、今回の目的は最低限果たせた。

お目当てのSV650Xは程良い前傾。軽量で足付きも良かった。ただ直後にスタンダードモデルのSV650に乗ると、しっくり来た。リヤBOXやハンドルカバーのような悪魔の装備を想定すると、こちらの方なのかな?という印象。GSX-S125は、以前所有していたEN125と比較するつもりで乗ったが、静かでスムーズで安定感があり、全く違う乗り物だった。

土砂降りとなったので会場を後にして岡山方面へ。与島PAで昼食の後、トライアンフ岡山に寄ってStreet Tripleの見積もりを出してもらった。

IMG_0598.JPG

残念ながら実車を見ることが出来なかったが、次に行ったナップスで、デイトナガレージの参考車としてStreet Triple Sが展示してあり、じっくり見ることが出来た。

香川へ戻ってびっくりドンキーで夕食。ポケモンGOで寄り道しながら大川オアシスにて解散。皆様お疲れ様でした。

C4カクタスの1/18ダイキャストモデルを購入。

JVCY3054.JPG

昨年、実車を手に入れた直後に探したのだが、同色の製造は既に終了。どうやらフェイスリフト後の2018年モデルが新発売されるついでに再生産されたようだ。某ミニカー専門店に予約を入れて入手。

内装までしっかり再現されている。

RIMG0016.JPG

契約時にディーラーで貰った1/64と並べ、窓の外の1/1と見比べつつ悦に入っている。

RIMG0014.JPG

-----

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2


ユーティリティ

calendar

042018/0506
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

archive


ACCESS





AD