エントリー

2017年10月の記事は以下のとおりです。

nasneがミラーリング環境下での視聴不可と知って、お手上げ状態。このまま持っていても出番が少ないと考えて売却。幸い生産終了で一定の需要があるらしく購入金額分を回収。iOSアプリもキャンセルできた。

ということで、他に選択肢も無いので、I/OデータのREC-ONに買い替え。設置は、我が家の10年選手で、Blu-rayが読めなくなって久しいHDDレコーダーと置き換える形。HDDはメーカーアウトレット品のAVHD-AUT1.0B。アンテナとLANケーブルを繋ぎ、HDMIはコンバーターでYPbPr+L/Rに変換してSlingbox350へ。Slingbox350の出力端子からモニターのD端子+L/Rへ接続した。

IMG_0053a.JPG

初期設定を済ませて早速視聴。何故か視聴用と番組表で分割されているアプリをiPhone、Android、Windows10(2台)でダウンロード。無料なのは良い。レスポンスはイマイチだが、問題なく視聴できた。

肝心のミラーリングは、nasne同様、リモート視聴でHDMI出力がブロックされておりNG。ダメ元でFIRE TVにアプリを転送してみたが、案の定NAT超え不可。ということで、車内ストリーミングはSlingboxを使って、Fire TVのアプリから視聴する形に固まった。

-----

今年は終日雨予報だったが、開催されるとのことでクルマで行ってきた。AM8:00過ぎ到着時点で駐輪場にバイクは一台もなし。それでも数名の方がクルマで参加されていた。

コーヒーとスタンプを頂き、ゲストのJ-GP3ライダー 中山愛理選手と記念撮影。

僅かな滞在時間だったが、のんびりと雨中ドライブもたまには良い。無事帰宅して、これからmotoGP 日本GPを観戦する。

後から気がついたのだが、この日の走行(距離140km余り)で、納車以来最高燃費=19.6km/lを記録していた。普段は15km/l前後だが、徹底すれば20km/l超えも期待できそう。

カクタスのミラーリングシステムにFire TV Stickを繋いでみた。電源はユニットの+5V OUTから出ているmicroUSB。あとはHDMI端子にFire TVを直挿しするだけ。

IMG_0040a.JPG

先日購入したLTEドングルにWifi接続し、早速テレビストリーミング。Fire TVにインストールしたSlingplayerアプリを使えば、低画質でも色抜けせずスムーズに視聴できた。

IMG_0037.JPG

Android(7.0)とのミラーリングは、LTEドングル無しでもOK。録画したビデオを再生したり、オフライン対応のナビを使う場合は、パケットを気にしなくて済む。
一方、iPhone(iOS11)は、自宅無線LAN圏であればAirReceiverで繋がるが、互いにLTEドングルへ接続するとダメ。 iPhone(iOS11)も同一LANに接続している場合に限って、とりあえずOK。→参照

初期手順が簡素化され、音声入力付きリモコンまで使えて非常に便利になった。iOS対応が「1月予定」などと寝言を言っているQ-CASTはお払い箱。(※2017年11月にiOS11対応とのこと。)

-----

GDP Pocketが十分使えると判断。定番のThinkpad用トラックポイントキャップと強化ガラスフィルムを装備して更に操作性向上。
続いて、画面を大きく開いたときに机に当たるエッジ部分に、折りたたみ自転車で使ったプロテクションシールの余りを貼った。適度な厚さがあるのに柔軟性もあり、角に貼っても容易に剥がれない。元々が雨風に耐えるバイク用だけあって耐久性も抜群。

IMG_0029b.JPG

LET'S NOTEとPORTABOOKは売却。データSIMは、新たに購入したLTEドングル(富士通 Si-L10)で活用することにした。初期設定だけしておけば、次からUSB端子に繋ぐだけ。約40秒で無線LANアクセスポイントになる。
シンプルで良いのだが、一点だけ惜しいのがインジケーターの位置。クルマで使おうと思ったら、裏側のランプが確認できない。ノートパソコンに直接挿すことを想定した設計だろうが、もう少し頭を使ってほしかった。

IMG_0030b.JPG

 

以前のモバイル環境に比べ、半分以下の容積に圧縮。クシタニの2WAYレッグバッグ(旧型の薄マチタイプ)に丸ごと全部収まる。

-----

注文していたウインドストップベストが届いた。レザージャケットに装着すれば、防風防寒性能が向上する。もう数日早ければ、先日のソロツーで冷えに苦しまずに済んだのに...。

昨年までのモデルは、GORE WINDSTOPPERを使っていたが、今年から同等品の素材に変更。GORE-TEXがラストだと言われているし、こちらも原料高騰の煽りを受けたのかもしれない。ちなみに、表の素材もポリエステルから綿に変更。昨年から多用しているスラブ調デザインを取り入れている。

IMG_0014.JPG

ファスナーと襟のボタンでレザージャケットと合体。数秒で脱着可能。グラソンジャケットに対しては、もう少し丈が欲しい。

-----

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2


ユーティリティ

calendar

092017/1011
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archive


ACCESS





AD