エントリー

2014年05月の記事は以下のとおりです。

ブレーキキャリパー塗装

足回りのサビや汚れが気になったので安価に修繕。ホイールの隙間から覗くブレーキキャリパーやハブ、ブレーキディスクのエッジを塗装することにした。キャリーパーはレッドかイエローで塗りたかったが、今回はハブ等も塗るのでパス。SOFT99耐熱ペイントのチタンカラーにしてみた。

早速左リアから作業開始。インパクトドライバーで軽くネジを緩めてからジャッキアップ。念のためジャッキスタンド(ウマ)を噛ませておく。

タイヤを外した後は、水洗い。→金属ブラシでサビを落とす。→ブレーキクリーナーで洗浄。→チタンカラーを筆塗り。
金属ブラシと筆は百均で調達。その他は、手持ちの工具類で賄った。

塗装は大胆に。どうせブレーキダストで汚れるので細かいところは気にしない。休憩を挟みながら約5時間かけて四輪に施工。

左が修繕前。ブレーキダストが固着し、サビも目立つ。右が修繕後。かなり雑に塗っても、はみ出した箇所はブレーキパッドが削ってくれるので大丈夫。

IMG_5610.JPG

近所を軽く流して、はみ出した塗装を削ってきた。

IMG_5614.JPG

そして、帰宅と同時にゲリラ豪雨→雹!!!間一髪セーフ。

B0035ZGTDO
ソフト99(Soft99)
耐熱ペイント チタンカラー 08027
価格:¥ 1,076
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る
B007X9797I
エマーソン(Emerson)
折りたたみ式 ジャッキスタンド3t EM124
価格:¥ 1,360
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.1 3.1

Amazonで見る

TETRAXクリップ埋め込み

昨日付けたTETRAX SYSTEMのiPhone側に付けたクリップが邪魔に感じたので、ちょっと工作。普段使っているハイブリッドケースの裏に穴を開け、クリップを埋め込んだ。

RIMG0097.JPG

見た目や使用感に無理がなく、取り付け強度も問題なし。

B00JVMSLQI
Tetrax
CLIPS for Tetrax system Black
価格:¥ 5,677
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち3.8 3.8

Amazonで見る

Tetrax SMART magnetic

407に付けていたスマホホルダーは、シトロエンC2からそのまま移設したものだったが、ルーフを開けていると光の反射で画面が見えにくい。また、USBのケーブルがナビの画面を横切るのもイマイチに感じていた。

今回導入してみたのは、イタリアTETRAX製のSMART magneticという、磁力でスマホを固定する仕組みのコンパクトなホルダー。

まずは、iPhoneのカバーにボタンのような金属を貼り付ける。
続いて、ナビのモニタの右下辺りにに台座を貼り付け、そこにマウントを取り付けた。このマウントは、頭のスクリュー部分を回すと足が締まって挟み込むように出来ている。(台座を使わず、直接エアコンルーバーに取り付けることも可能。)最後にXBASEと呼ばれるゴム製の支えをはめ込んで完成。

RIMG0095.JPG

iPhoneをポケットから出して、片手ですぐマウントできるのが手軽で良い。USBケーブルの干渉もなく、イメージに近い形でマウントできた。また、XBASEの働きでタッチパネルの操作も問題なかった。

RIMG0089.JPG

磁力で張り付いているだけなので不安があったが、かなりシッカリしていて、普通の道を走っている場合問題なさそう。

B00HNWFIB4
Tetrax
SMART magnetic car support
価格:¥ 3,240
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.5 4.5

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ