エントリー

2014年03月の記事は以下のとおりです。

地デジ化

ナビの更新が終わったので、今度は地デジ化。オークションで中古のチューナーを調達しておいた。

チューナーは荷室サイドのHDDナビ本体が収められている場所に設置。コンポーネントケーブルで純正のアナログチューナーと接続。

IMG_4810.JPG

ACC電源は、ナビ本体から取ると電力不足でナビが落ちるので、後部座席のシガーソケット背面から分岐。リモコン受光部は延長してハンドル横に出した。

IMG_4805.JPG

モニタの設定を済ませ、ひとまず純正のアンテナ(3.5mm→HF端子に変換)を2本だけ使って視聴テスト。フルセグの受信が確認できた。アナログケーブル接続なので画質はイマイチだが、ワンセグに比べれば大分マシ。
最後にパーキングブレーキ解除の配線を施して作業終了。

IMG_4807.JPG

反射対策

オーディオパネルが反射で見えにくいので、携帯電話用の低反射フィルムを切って貼ってみた。効果は覿面で、背中から西日を受ける状況でもハッキリ文字が確認できた。

RIMG0284.JPG

同じく反射が酷いレーダーの方にもフィルムを貼ってみたが、こちらはイマイチ。これはデザインがダメ。仕方がないので、ボール紙で簡易バイザーを作成して対策。

RIMG0282.JPG

B00CRVGJ2I
コムテック(COMTEC)
スマートフォン接続対応GPSレーダー探知機 RadarPhone S02

評価:5つ星のうち2.8 2.8

Amazonで見る

電装品装着

朝からオーディオ交換を実施。KENWOOD U585BTに入れ替える。既に生産終了している製品だが「Bluetooth対応」「日本語表示」「フロント+リア2系統のUSB端子」の条件に合う1DINデッキがこれしかなかったので、探し回って確保しておいた。

コンソールパネルを外し、ネジを2箇所外せば純正デッキが外れる。配線はギボシ加工。レーダー用の電源も確保した。

IMG_4774.JPG

フレームは純正デッキのものを流用。Web検索で出てくるデッキがパイオニア製ばかりだったので、多少不安があったが、何とか装着できた。(フェイスパネル下側の角が干渉するので、一旦押し込んだら外すのが大変。SDカードは使わないので大丈夫だろう。)

RIMG0268.JPG

マイクはAピラーを通して天井付近に貼り付けた。ハンズフリー通話だけでなくSiriへの命令も可能。

RIMG0279.JPG

背面のUSB端子は、ETCの配線穴を利用してハンドル右のコンソールボックスへ。

RIMG0263.JPG

レーダーはこの位置。全ての動作を確認して作業終了。

RIMG0278.JPG

B009PK0ZPQ
コムテック(COMTEC)
直接配線コード ZR-02 レーダー探知機用
価格:¥ 1,152
(2019年11月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ