エントリー

2012年02月の記事は以下のとおりです。

 二年連続で練習試合を観戦してきた。昨年と同じ時期、同じ高知東部球場、相手も同じオリックス。勿論バイクで行ってきた。

出発時、高速道路が降雪で通行止めだったので室戸経由のルートを考えつつ一端東へ走った。20分後に道路状況をチェックしたら通行止めが一部解除!吉野川SAで待っていれば、そのうち全線解除されるだろうと考えてUターン。当初の予定通り、高速で西を目指すことにした。結果、思惑通り吉野川SAで昼食を取っている間に通行止め解除。12時少し前に現地に着くことが出来た。快晴、最高気温18℃。

試合は、一軍メンバーフル出場のオリックス相手に、ロッテは若手中心のオーダー。岡田と伊志嶺以外は開幕スタメンに名前があるかどうか?というメンバー構成。投手陣も吉見-小林-木村-服部という1,2軍の当落選上の投手リレーとなった。当然勝てる筈も無く、5-2で完敗。動きが良かったのは根元。開幕ショート争いで大きくリード。一方、一塁コンバートの大松の打撃は昨年から殆ど進歩が無い。崩されて手打ち。打球に力が無かった。今年も苦しみそう。現状、ファースト=ホワイトセル、DH=サブローがベストでは?(あるいは、あえてDHで荻野貴という手が案外面白いと思う。)

 

オリックスでは注目の新戦力、李大浩が二安打。アウトコースを右方向に捌くのが巧い中距離ヒッターという印象。バットの出方が金泰均と似ているので、インハイの速球に対応出来るかどうかが鍵となるだろう。守備は無難。おそらく一年目の成績は、金泰均以上、李承燁以下という感じでは?
バルディリス-李大浩-T岡田-北川(or高橋信)の打線は脅威。ここに後藤が加わると手が付けられない。

 

 

走行距離 :298.8km

 

帰りにトラブル発生。リアのブレーキタッチに違和感があり、その直後、突然ブレーキが効かなくなってしまった。パッドもあるしフルードの量も問題無いので、おそらくマスタシリンダかホースの劣化が原因だろう。何とか帰宅できたものの参った。
それなりの年式のバイクなので、これから色々出てくるかもしれない。とりあえず修理せねば。

検討していたカーナビは、KENWOOD MDV-727DT に決定。

昨年の今頃に発売されたモデルで、現在は後継のMDV-737DTに置き換わっている。型遅れということで処分価格となっていた。MDV-737DTは背面USBポートが1つ増えているのと地図データが一年分新しい。あとは操作面で少々変更点が見られる。

地図データは、年間4,000円程度支払えば4年後まで更新が可能。マイナーチェンジで二万円以上の差額と考えればお買い得と考えて決定した。

納車に向けて車検整備中のC2。昨日、購入店の担当から残念な連絡があった。

注文時に依頼していたHIDが”非対応”とのこと。深く追求しなかったが、おそらくバルブ切れ警告キャンセラーやハイビームインジケーターが別途必要だと分かり、工賃含めて割に合わないという判断だろう。正直、あの値段で付けば儲け物と思って依頼していたので残念。仕方なく返金を承諾した。

というわけで、ナビの優先順位が一つ上がったので検討開始。

ナビ自体にこだわりは無くメモリーナビで十分。テレビもチャンネル数が少ない田舎では、見る機会が少ないのでワンセグで構わない。iPodやAndroidと連携出来て、一般的な形式の音楽や動画に対応していれば問題ない。とりあえず、以下の二機種を候補にカタログをもらってきた。

KENWOOD MDV-323

PIONEER AVIC-MRZ05

他も見ながら、納車日までじっくり比較検討してみる。

VW BORA V5 ('01) GF-1JAGZ:ベストバイと思っていたA4から強制的に乗り換えさせられたので、急遽妥協して選んだ一台。早い話がセダン版のゴルフ。広大なトランクと力のある狭角V5エンジン、レザーシートに免じて一年だけ乗ることにした。車自体に悪いところは無かったけれど、下取りも良くなかったし、最後まであまり愛着がわかなかった。

VW PASSAT V5 ('02) GF-3BAZX:アウディA4のシャシーを延長し大型化したのがこのパサート。この年からエンジンはボーラと同じV5に変更され適度なパワーを得た。A4に比べると独特の緩さはあったものの良く出来た車だった。(特にセダンはあまり売れなかったけど・・・)
日曜の午後、一時停止無視のワゴン車に突っ込まれてフロント中破。修理せず乗り換え。

VW LUPO ('02) GF-6XAUA : 全長3.5m、1tのボディにトルクフルな1400ccのエンジンを載せたコンパクトハッチバック。狭い道でもスイスイの快適通勤車両。小さいながらもちゃんとドイツ車で、高速に乗っての長距離ドライブも全く苦にならなかった。
ハンドルやアルミ、オーディオをカスタムしつつ長く乗っていたが、転職や引っ越しがあったり、バイクの免許を取ったりで乗る機会が激減。都内の駐車場代もバカにならず、車検を機に売却した。

本日書類を返送。間もなく納車日が決まりそう。装備品の衝動買いを抑えつつ、これまでの車歴を二回に分けてまとめておくことにした。(実車の写真が殆ど無いので、当時乗っていた仕様を再現。)

 
Audi A3 1.8T ('98) GF-8LAGU:社会人となってはじめて買ったのがこの車。VWゴルフと共用のシャシーにアウディA4ターボクワトロのエンジン(20ps減)。扱いやすくて速い車だった。このエンジンは小型過給器を使って低回転からフラットにトルクを出すというのが持ち味。現在の欧州車のトレンドそのものであることに驚く。
ある日、引っ越しで使った事があったのだが、帰り道(夜中の第一京浜)「無灯火で中央車線に停車している車を発見→避けたらハイビームで追走→速度取り締まり」という卑劣な手口でキップを切られた事が未だに腑に落ちない。神奈川県警許すまじ。


Audi A4 1.8 ('00) GF-8DAPT:満を持してA3→A4に乗り換え。車格は日本の道路事情にベストマッチ。4リンクサスの恩恵でFFとしては異次元のハンドリング。乗り換え当初はノンターボの1.8Lエンジンが非力に思えたが回せば十分。内外装共に大変気に入っていたのだが、会社の方針で乗り換えを余儀なくされ、泣く泣く乗り換えた。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2


ユーティリティ

calendar

012012/0203
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

archive


ACCESS





AD