エントリー

2011年11月の記事は以下のとおりです。

昨年から付けようと思っていたグリップヒーターの取り付け。購入したのはKOSOの120mmタイプ(K61010)。キジマから出ている製品と同じ物だと思われる。

まずは、左右のグリップ交換。前オーナーが接着していなかったので、比較的簡単に外すことができた。ブレーキレバー側は、スロットスリーブの出っ張りをニッパーで切り落とし、金属ヤスリで削って平らにしてから入れる。ある程度滑るので力は要らなかった。

クラッチ側は難航。バイクが倒れないように、右足でサイドスタンドを踏みつつ、力を込めてグイグイとねじ込んだ。特に残り1/3辺りから抵抗が大きくなる分辛い。(追記:夏にグリップが空回りしたので、抜いて再接着した。セメダインスーパーX+パーツクリーナーを使った方が全然楽だった。付属の接着剤は速乾性なので使わない方が良い。)

電源はデジタル油温計取り付け時にラインを分岐してあった場所に便乗。アースは配線まとめ金具のネジに共締め。そして、長すぎる配線を短く加工してタンク下に収納。

 スイッチはとりあえずトップブリッジに貼り付け。5段階で調整できるが、先日買った薄手のセミウインターグローブでは「1」でも十分暖かい。

足元にはエンジンの熱気も来るし、これで冬の寒さ対策は万全。

問題は夏か・・・

昇格のためには負けられないホーム最終戦。

先制された直後にPKのチャンスを得るも相手キーパーに阻まれ無得点。

逆に前半30分。キーパーが弾いたところを蹴り込まれ、痛い2失点目。

後半にも1点を追加され0-3で完敗。最終戦は何とか勝って欲しい。

ヤフオクで手に入れた中古の純正スクリーン。多少のキズはあったが年式相応の状態。ゴムパーツが堅くて悪戦苦闘しながら装着。やはりワークスカラーには透明の方が合う気がする。

 

次にフロントウインカーレンズを交換。バルブが後ろ向きなのが気に入らなかったので、左右を表記と逆にして装着。位置も前方に少しだけ動かして視認性向上を計った。

 

リアウインカーはイエローのバルブに入れ替えてレンズ交換。

 

スッキリして、全体の印象が軽くなった。

-----

電話が来た。胸ワッペンと肩ワッペンは、縫い付け針を通すので、赤縁取りの外に黒のベースが2mmほど出るとのこと。(つまり↓こんな感じ)背中はあれで大丈夫。

胸ワッペン= 3,800円

背ワッペン= 3,000円

肩ワッペン= 2,300円

・取り付けの外注先は「デグナー」と判明。

・12/26(月)完成連絡!!!

道の駅 源平の里むれで待ち合わせて昼食。巨大な海鮮ソースかつ丼他を食す。出発時にパラパラと雨。しかしレインウエアを着込んだ瞬間に晴れ間が覗くという微妙な天候。

イワサキでワッペンの見積もり依頼を済ませて、バイク屋を物色。南海部品にも寄った。

塩江街道を南下して、脇町のマハラジャスパイスでカレー。若干昼の丼が胃に残っていたが完食。

 

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3


ユーティリティ

calendar

102011/1112
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

archive


ACCESS





AD