エントリー

2011年10月09日の記事は以下のとおりです。

駄策

 1点差の九回裏。無死一三塁で代打大松は無い。

あの場面、西村監督の頭の中には「外野フライを狙い」と「相手投手が右だから」程度の考えしか無かったのであろう。

しかし、大松を代打に送った時点で、スクイズの可能性がほぼ無くなり、相手バッテリーは三振狙いの組み立てに専念できる。特に大松はインハイに空振りのツボがあり、ここ数試合のスイングを見れば、ファームで弱点克服出来ているとは考えにくい。そこだけ攻めていれば大怪我は無いと判断出来たはずだ。結果は全球インハイ。窮屈なスイングでセカンドゴロを打たされ三本間でランナー挟殺。後続にもヒットは生まれずゲームセット。

相手にプレッシャーをかけるなら、怪我の状態次第ではあるものの今江を代打に送るのが正解に思えた。もしくは、来期に向けての実戦経験という視点で、そのまま田中雅彦を打席に送っていたなら、まだ凡退でも納得出来る。

もはや西村采配は不可解を超えて不快でしかない。実際、チームの打率や防御率はヤクルトと大差ない訳で、もっと細かい野球をやっていれば、もう少しマシな成績だったであろう。ここで言う”細かい野球”とは、初回の無死一塁から、バカの一つ覚えのように送りバントをすることでは無いので悪しからず。

前年日本一から、翌年リーグ最下位はパシフィックリーグ初。球団史に残る汚点を残した首脳陣は引責辞任するのが妥当。

  • 1

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ