エントリー

2011年10月の記事は以下のとおりです。

先月卒業したばかりの教習所でイベントがあったので参加してきた。

乗ったら雨、降りたら曇という見事な雨男ぶりを発揮。新しい雨具の着心地を試すのに丁度良い機会・・・と前向きな発想で出発。

雨模様で、参加人数は少なめ。こぢんまり。

教習所主催のイベントも同時開催。阿北レンジャーショー。

試乗会やライディングスクールもやっていたが、この雨では参加する気にならず、焼きそば食べて全体写真を撮って帰宅。

課題となっているスマートフォン兼簡易ナビゲーションの設置。メーター上の中央にRAMマウントを使って横向きに設置する予定だが、その前に有り物だけで工作してみた。

L字のステンレスプレートにゴムシートを貼って、カウルとカウルステーの間に挟み込む。

本来バーハンドル向けのユニットだが、プレートにゴムシートを貼って締め付けたら案外しっかり付いた。

あまり美しい設置方法ではない。”とりあえず”

テスト走行してみたところ、振動が酷いので外した・・・

1巡目・藤岡 貴裕 投手(桐生一-東洋大/左投)
説明不要の今ドラフトNo.1左腕。パワーピッチャーでありながら変化球や制球も一級品。一年目からローテーションを任せたい逸材。 おそらく背番号は「18」だろう。 

2巡目・中後 悠平 投手(近大新宮-近畿大/左投)
腕を上下させながらMAX150km/hの剛球を投げ込む変則左腕。荒れ玉ストレートを中心に数種類のスライダーを組み合わせる難敵。 

3巡目・鈴木 大地 内野手(桐蔭学園-東洋大/左打)
世界大学野球の日本代表主将。強肩と広い守備範囲が持ち味の内野手。バットコントロールと選球眼が良く出塁率が高い。

4巡目・益田 直也 投手(市立和歌山商-関西国際大/右投)
トルネードスリークウォーター右腕。140km/h後半の速球とツーシーム、スライダーが武器。投手経験が浅く伸びしろ十分。

 

最下位特権生かして、外れ1位候補の中後を2巡目で指名。さらに2巡目予定の鈴木を3巡目で獲得出来たのは幸運だった。量より質を感じさせる、近年希に見る大成功ドラフトという印象。

後は、いかに助っ人やトレード、あるいはFAで補強するかが見物。その前に過剰気味の選手登録枠をどう空けるか。新編成の腕の見せ所だ。

先週注文していた物が一気に届いたので装着。

まずは「Jトリップ はじめてスタンド」装着簡単、原付のセンスタより楽。重いGSがママチャリ並みに軽くリフトアップしたので驚いた。

それから、ノジマの純正バッフル。簡単な構造でも騒音は大幅軽減。低音部がカットされた感じで良識的な排気音になった。

続いてリムストライプ。派手なカウルに比べて足元がダークだったので明るいイエローを貼ってみた。スタンドのお陰で作業がしやすかった。

-----

<課題>

・ワッペンのサイズを決定。

・背番号ワッペンの書体、サイズ決定。

・制作会社決定。
  例1:http://www18.ocn.ne.jp/~hayazaki/index.htm
  例2:http://shisyuya.com/product01.htm

・縫い付けを請け負ってくれる会社を選定。
  例1:http://www.onaoshiya.net/ihuku-naosi/kawa.htm
  例2:http://leather-reform.com/price/

 

・・・こんな所でよいかな?

 

なお、これまでの過程は「ワッペン製作」カテゴリにまとめました。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4


ユーティリティ

calendar

092011/1011
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

archive


ACCESS





AD