エントリー

2009年08月の記事は以下のとおりです。

携帯電話歴(5) EMOBILE編 +α

■EM・ONE (by SHARP)
厳密に言うと電話ではないが、一応これも。EMOBILEのサービスインに合わせて衝動買い。圧倒的な通信速度で出来ることが広がった。但し、通話が出来ないので、別途NINEを持ち歩く必要があった。2年縛りを半年残して売却。通話が出来るEMONSTER LITEに乗り換え。

■EMONSTER LITE S12HT (by HTC)
もう普通の携帯電話と見分けが付かないサイズで通話も通信も可能。スライドで出てくるテンキーも良かった。海外での発売からある程度時間が経過していたので、多少設計が古い印象があった。TOUCH DIAMONDに乗り換えるため売却。

■TOUCH DIAMOND S21HT (by HTC)
より小さく、より薄くを求めて、ヤフオクで程度の良い中古を購入。モバイル端末としてだけではなく、ワイヤレスモデムとしても活用。キーボードは無くても大丈夫。不満点は記憶容量が小さい点とバッテリーの減りが早い点。

番外編
■UD03NA (by NEC)
UQWiMAXのモニタに当選。試用期間だけ試させてもらった。普段PCを持ち歩かないので、あまり出番がなかった。

携帯電話歴(4) WILLCOM編

■W-ZERO3(by SHARP)
2005年12月製造。日本初の本格WINDOWS MOBILE携帯として鳴り物入りで登場。定額常時接続のプランと合わせて、一部で熱狂的なブームに。携帯電話の使い方を全く変えてしまった歴史的な一台といえる。壮絶な予約合戦の末、発売日に購入。散々使い倒した後、アドエス購入を機に売却している。

■NINE(by KES)
2006年12月製造。通話とメールとWebをこなすシンプルイズベストな小型端末。必要最小限の機能に適度な処理能力。未だ現役バリバリ。


■Advanced/W-ZERO3 [es](by SHARP)
2007年7月製造。正常進化を遂げたW-ZERO3シリーズの三代目。フルキーボードを搭載しながら、電話として使っても違和感の無いサイズとなった。某大手家電量販店で完全に衝動買い。WM機をEMOBILEで一本化のため売却。来月、やっと2年縛りが解ける。

携帯電話歴(3) Vodafone~au編

■V401T(by TOSHIBA)
2004年4月製造。古い端末をしつこく使っている内にJ-PHONEがVodafeneになっていた。この端末の新機能はテレビ。とはいえワンセグはサービス開始前。付いていたのはアナログチューナーだった。ヘッドホンのラインがアンテナになっており、あちこち角度を変えたりしながら苦労したし、電車内は全く使い物にはならなかった。それでも、外に居ながらテレビが見られる事が衝撃的で、電話としての役目を終えてからも持ち歩いてポータブルテレビとして愛用した。


■702NK(by NOKIA)
2004年12月製造。今やすっかり定着したスマートフォンの走り。一般的な携帯電話に比べれば、性能は劣るし、使い勝手もあまり良くない。特殊なメモリや端子を使っている等、癖がある海外端末。
怪しげな非純正外装に丸ごと交換できたり、自分好みにアプリケーションを追加したりと、あり得ないほど自由度が高く、楽しい端末だった。


■W33SA(by SANYO)
2006年1月製造。V401Tが壊れたので、ワンセグ目的で当時一番安かったauの旧モデルを購入。結局、数ヶ月使った所で、テレビを別の方法で見られる事になって解約したが、現在も高機能目覚まし時計として運用中。

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ