エントリー

2008年05月16日の記事は以下のとおりです。

蘇った川崎劇場

今日の来場者プレゼントは村田兆治の復刻版ビックリマンシール。どうやら川崎時代を思い出してもらおうというキャンペーンらしい。わざわざそんなものを配らなくても、川崎時代は我々のトラウマ。ここ数日のゲームを観れば、心に深く刻まれた悪夢の日々が、鮮明に蘇る。
今日も相手が左投手ということで右打者中心。大松-竹原-今江のクリンナップは。愛甲-岡部-古川を髣髴とさせた。もちろんチーム不振の立役者ズレータも堂々のスタメン。もうマドロックにしか見えない。
先発、渡辺俊介は、これまでに見たこともないようなテンポの悪さで、2回途中8失点。TwellVの中継が始まるPM7:00にはマウンドを降りていた。まさに「テレビで観れない川崎劇場」!!!オリオンズ伝統の”先発早々ノックアウト”だ!
味方の拙攻を待つまでもなく、早々にゲームが決まったので、以降はキャンペーンとして楽しむことに。まずは阪急の残党、高木が先陣を切る。いきなりタイムリースリーベースを浴びて、渡辺の出したランナーを綺麗に掃除すると、以降は無安打に抑える好投ぶり。負けじとベテラン堀がセカンドでフル出場。好守あり併殺ありの大活躍。最後は小宮山まで登場させる凝りよう。オールドファンにはタマラナイ一日となった。
まだまだキャンペーンは続くらしいので、このまま突き進んでもらうしかない。頑張れ僕らのロッテオリオンズ。

  • 1

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ