エントリー

2007年10月の記事は以下のとおりです。

■スポニチアネックス
前田幸長(37)メジャー挑戦へ
巨人は前田から米大リーグ挑戦の申し入れがあったことを受け、本人の意思を尊重して退団を了承したと発表した。

前後のドラフト1位(ロッテ)がメジャーリーガー(87年・伊良部/89年・小宮山)なので、自分も!と常々考えていたかどうかは知らんが、少なくとも岡島の活躍がきっかけになったことは間違いない。
失礼ながら、今の前田レベルが通用すれば、プロ野球にとって一大事。皆一斉に海を渡って、日本からピッチャーがいなくなってしまうだろう。いっそ村田兆治あたりも現役復帰してメジャーを目指してもらいたい。
もっと飛躍して、セパ12球団全てがアメリカにフランチャイズを移せばどうか?深夜中継の方が視聴率を稼げるし、みんなの好きな”日本人対決”も毎日毎日嫌というほど見られる。一石二鳥じゃないか?
これは、メディアの盛り上げ方に問題がある。例えばワールドシリーズ。「最高峰の舞台で日本人対決!」とやれば目を惹くだろうが、冷静になれば「ライオンズの紅白戦(岡島も居るよ)」を大袈裟に言っているだけで凄さがいまいち伝わらない。
試しに新橋の駅前あたりで「ロッキーズの主軸を知っているか?」と尋ねてみればよい。おそらく正解率は低いだろう。(カズオ以外)誰だか分からない人達に投げて勝ったところで、本当に凄いのか・・・?ということだ。スポットの当て方が間違っている。松坂や岡島のことは既に知っているし、ボストンでの評価はどうでもよい。評価は観ているこちらが勝手にする。

■千葉ロッテマリーンズ
戦力外通告について
本日27日、吉井理人選手(42)と藤田宗一選手(35)に戦力外通告を行いました。

吉井についてはもっと早くても良かった。まあ妥当なところ。
驚いたのは藤田。確かに大事な場面で打たれ過ぎの今シーズンではあったが、その理由は簡単なこと。外スライダー、内ストレート、外ストレートの三種が大半なので、一軍レベルの打者が決め打ちすれば難しくない。(打たれた責任の半分は里崎の配球とも言える。)キレで勝負するにも限界があり、球筋を研究されては、賞味期限切れ已む無しだろう。しかし、希少な左腕ということで、使い所はあるはず。例えば、高木のポジションがそれなのだが・・・。まあ、このタイミングなら他で需要があるだろうから、是非現役を続けてほしい。
「多少ノーコンでもギャラが安いほうが良い」という球団の判断が丸見えで、高木が確実に残ってしまうのは至極残念だ。

この後も人事は目が離せない。現在、FA権を行使できる立場にあるのが、セントラル志向が強いと噂される小林雅。メジャーを視野に入れる藪田と福浦の3人。新聞は、面白おかしく「流失の危機」と書き立てるが、自分はそう思わない。仮に藪田とコバマサが去ったとしても川崎が一本立ちしており、荻野も居る。内や中郷にも経験が必要な時期で、ベテランばかりに頼っている状況を強制リセットできる。それは福浦が抜けたとしても同じこと。ファーストはズレータを軸に青野が戻れば、セカンド、サード、DH、外野まで巻き込んで様々なバリエーションが広がる。打者の補強ポイントは左の大砲一点に絞って良い。ボビーが引止めに拘らないのはそういった考えがあるからなのだろう。その他、大型トレードのプランも見え隠れする。
この際コバマサは讀賣で引き取ってもらえないだろうか?補償は小坂がベスト。

以前、脳内メーカーを試し、「欲」で頭が埋め尽くされていて妙に納得してしまったのだが、このカレンダーメーカーでも驚きの結果に...。ど真ん中に「競馬」が有るのと無いのでは「悩」の意味が全く変わってくるなあ。

カレンダーメーカー

■nikkansports.com
クライマックスS、ファン7割が再考求む

毎年、終わり間近になって必ず出てくる不毛なアンケート。秋の風物詩か?日程に関しては再考の余地がありそうだが、CSを撤廃しろとまでは思わない。
そもそもプレーオフ制とは、シーズンを上位で乗り切る総合力に加え、短期決戦を勝ち抜くタフさが無いと生き残れない。怪我や不振による離脱者があれば、それを補う選手が必要になるのは当然で、シーズン中から準備しておく必要がある。「勢い」や「流れ」だけで野球をすれば必ず篩にかけられる。主軸が不振だったり離脱しても勝ち抜いてきた今年の日ハムと中日は残るべくして残ったチーム。この頂上決戦に異論はない。

野球はWBCの定期的な開催もあって徐々に国際化していく。アジアシリーズも3年目となり、果てはメジャーをも巻き込んでチーム世界一を決めようということになるかもしれない。短期決戦への適応力が試される場面は間違いなく増える。「リーグ」という小さな単位に拘って、目先のことばかりを気にしていては、日本プロ野球が生き残る道は無いだろう。

■坂本龍馬 x G-SHOCK
揺るぎない信念のままに生きた龍馬と、揺るぎない信念のもとタフネスを追求し続けるG-SHOCK。龍馬没後140年を記念して、生誕25周年を迎えるG-SHOCKのスペシャルモデルが登場!!

龍馬とG-SHOCK・・・全然関係ないものを無理矢理関連付けて作ってしまった感じだが、これは正に「世の人は我をなにとも言はば言え、我がなすことは我のみぞ知る」を具現化した企画なのかも?別に欲しくないが、話の種にはなりそう。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5


ユーティリティ

calendar

092007/1011
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive


ACCESS





AD