エントリー

2006年05月の記事は以下のとおりです。

先発の成瀬は、立ち上がり打ち込まれて3失点。味方が2点を返した次の回にもタイムリーを浴び1失点。五回の先頭打者を四球で歩かせて降板。過去二戦は雨の中での登板だったので、今日の投球内容には注目していたが、初回から浮き足立ったまま、良いところなしの投球だった。
二番手は、次世代サブマリン・ルーキー相原。ファームではワンポイント専門だが、安定した内容を買われて一軍初登場だ。しかし、そこはルーキーの初登板。無死でランナーを背負って、相手がラロッカ~ラミレス。力んだ投球も仕方ない。死球、タイムリーx2、暴投であっという間に3失点。その後、なんとか立ち直ったもののほろ苦いデビューとなってしまった。それでも長身でダイナミックな投球フォームは好印象。踏み込んで、右打者の胸元へボールを集められれば、相当活躍できそうな印象を受けた。次回の登板も楽しみだ。
今日は5点差。若手テストゲームと思って諦めようとしていたら、七、八回に本塁打と連打追いついた。なおも一死二塁、ここで逆転すれば、好投の小宮山に今季初白星という場面。代打で登場したのは里崎。ここはお約束の三振。続く西岡も倒れて同点止まり。それでもサヨナラゲームの雰囲気一杯で、九回からコバマサ。2イニングスを無難に抑えるも、サヨナラの場面は生まれず、藤田へバトンを渡した。残り2イニングスで藤田なら大きな心配は要らない。神田も居るので万全!と考えていたら。青木にヒットを打たれたところで、藤田がまさかの降板。
替わって出てきたのが、新・外・人☆ミラー。先日、藪田故障のどさくさに紛れて登録されたばかりだった・・・そうか!と、この瞬間で全て悟った。
「五月に獲った外国人投手に当たり無し。」という格言がある。今日の長いゲームは、すべてこの場面への”フリ”に過ぎなかったのだ。ゲームは一気に緊張感を増す。そして、その投球は大方の予想通り”ボール先行”。不安が少しずつ現実となって現れる。カウント0-2からリグスに投じた三球目は、真ん中低めのストレート。ボールは瞬く間にバックスクリーンへ消えた。
ジャスティン・ミラー(29歳)。ダメ外人列伝に名を残す、鮮烈なデビューだった。

東芝から、ワンセグチューナーを搭載したオーディオプレイヤーが発表となりました。
気になるスペックですが、音楽で約25時間、ワンセグで約7時間の長時間駆動。さすが専用機。さらに、HDDに130時間(連続4時間まで)もの録画が可能な点は大きな魅力でしょう。
ネックは大きさ。3.5inchの液晶を搭載したために、75mm×124mmx19.5mmと少し大き目、重さはHDD搭載が祟って230gです。
W-ZERO3が、70mm×130mm×26mm、220gなので似たようなもの。2つ一緒に持ち運ぶのは現実的ではありません。
実機を見てから最終判断するつもりですが、もう少し軽量、コンパクトなら即決だっただけに残念です。
これに追随する他社製品の登場やWILLCOMのW-SIM対応機の今後に期待しつつ、もう暫くは、W33SAでワンセグ放送を楽しみたいと思います。

恒例になりつつある2個目のNEWERAは黒x黒。

快晴の千葉マリンは入場者数2万8千人。一塁側にまでチラホラと阪神ファンが見える。序盤は投手戦の様相。相変わらずパスクチとサブローを並べた対左打線は進化がない。
マリーンズ唯一の得点は福浦の内野安打から。鳥谷の送球が高く、限りなくエラーに近いプレーでラッキーな出塁だった。続くベニーが四球を選び、迎えるのは昨日2三振の里崎。この日も第一打席で空振三振。縦の変化球に全く合っていなかった。ところがこの打席で阪神バッテリーは必要以上に警戒したのか0-2とカウントを悪くして、3球目は甘いスライダー。これを強振すると、打球はグングン伸びてバックスクリーンへの3ランとなった。
先発の久保は最近の好調を維持している印象。キレのあるストレートを中心に、上下左右へ投げ分けて、的を絞らせなかった。八回は一死から長打を食らって藪田劇場。九回は1点差に迫られ、尚も無死三塁のコバマサ劇場。内野はバックホーム態勢。そして打席には金本という大ピンチでビッグプレーが飛び出した。センターへ抜けようかという当たりをルーキー根元がダイビングキャッチ。あわや同点の場面を救われ、今日の試合はこれで決まった。一死三塁から浜中は遊ゴロ。これも難しい当たりだったが、西岡が軽快に捌いて走者は釘付け。最後は1割も打っていない片岡が波打つスイングで空振り三振。逃げ切った。
試合後は、正面ステージにてミニコンサート。始球式で投げた川嶋あいがコバマサに送った曲を披露すると、続いて里崎が登場し、We Love Marinesを熱唱。大いに盛り上がった。
生観戦の交流戦は、二年越しで無敗。久保との相性は抜群の4勝目。

本日のロッテ阪神戦は大雨予報にもかかわらず試合決行。30分遅れのプレイボールだったので、ゆっくり帰ってきてテレビ観戦。しかし案の定コールドゲームに...。
確かに、屋根無し球場をフランチャイズとしいている球団にとって中止は痛い。予備日程は、日本中が夜中にサッカー見る時期と重なっているという事情もある。多くの人が仮眠の日々に対して、消化試合では、興行的によろしくないだろう。今日の五回裏終了時の花火は、ゲーム成立を喜ぶ運営部の心境と重なるのでは?
梅雨時に無理矢理日程を詰め込んだため全国的にコールドゲームが多発している。多少の雨で集中力勝負!ってのはアリなのだが、途中で試合が終わるのを分かっていながら観るのはあまりにも切ない。極端な話、序盤のピンチで藤田を投入して継投、五回表を小林雅で締めるぐらいのギュッと詰まった緊張感が欲しかった。2度の満塁の好機で2三振した選手がベンチでヘラヘラしている映像を見て、尚更そう感じた。
明日は、生涯雨天中止が1回(+スト中止1回)の自分が生観戦予定なので中止やコールドは無い。

打撃不振の中、よくここまで持ったというのが正直なところ。今日のゲームにしても投手陣が踏ん張ったから接戦になったものの打線の援護が無く、藪田劇場2イニング決定時点で敗色濃厚だった。
やはり、対左投手向け打線の整備が最大の焦点。那須野や小笠原クラスでも苦労しているのだから、井川からは1点で精一杯だろう。
毎回否定しているDH捕手オーダーだが、里崎に復調気配が見える今、DH辻の選択はアリだと思った。しかし、それでももう一枚右打者が必要と感じる。常に1~2割打者の復調に賭ける博打をやっていては効率が悪い。ファームに目を向けても、打率2割の垣内では話にならないし、竹原の状態ももう一歩。誰か1人出てくれば変わるのだが・・・この阪神3連戦、おそらく下柳が出てくる。右の外野手の打撃が勝敗の鍵を握る。

右の外野手打率(対左投手)
ベニー .284(.354) <レギュラー
大塚   .255(.160) <復調途上
パスクチ .200(.269) <見逃し三振が減れば・・・
サブロー .168(.107) <ありえない成績

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2


ユーティリティ

calendar

042006/0506
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archive


ACCESS





AD