エントリー

2005年10月の記事は以下のとおりです。

二段モーション

話題になっている投手の投球フォームについて、あの足を2回上げる気持ち悪い投げ方は同然として、あれ以外にも厳しく対処していく方針だそうだ。来期はセットポジションから投げる投手が激増しそうな予感がする。
現段階の審判側の対応は、少しやりすぎ感があるが、ストライクゾーン広げてみたもののシーズンが始まると何となく元に戻っていたりするアレと同じ感じになるのだろう。どうせならこの機会に、ストライクゾーンやハーフスイング判定に見られる審判格差も厳しく是正して欲しい。

マジック

「ボビーマジック」に「仰木マジック」「岡田マジック」。「尾花マジック」なんてのもある。マジックと書けば説明しなくていいから楽だ。これぞスポーツ紙マジック。

やっぱり・・・

昨日予想した通り、日本シリーズ開催方法について疑問の声が多く挙がった。この問題については、もういいかと思ったが、あまりにもアホな記事が多く、また文句を言いたくなった。

例えば、あるスポーツ紙のコラムで”ロッテは早く優勝を決めていた阪神をじっくり偵察する余裕があった”と書いてあったが、負ければ終わってしまうプレーオフを戦っている最中にどんな余裕が有ると言うのだろう?
実際、ロッテは今年、阪神を春のキャンプからマーク。交流戦に備えてしっかり対策を練った。2ndステージ終了後からの短い時間で、さらに細かくデータを集めたという事実もある。それに対して阪神は、早く優勝を決めたにもかかわらず、分析を怠ったため大差で破れた。日本シリーズの2週間前には2チームに絞られ、その2チームが、都合の良いことに手の内を隠さず5試合も同じ球場で戦うのだ。あの5戦だけでもしっかりと分析すれば、無様な結果には成らなかったはずだ。ヤフーBBドームに現れた岡田監督をテレビカメラがとらえる場面が多々あったが、メモを取る訳でもなく、只、高見の見物をしているように見えた。

「待つ時間も戦い!」と甘えた球界に喝をいれるコラムがあっても良かったのではないか?

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ