エントリー

京セラドーム

前日の薮田サヨナラ被弾を受けて、急遽京セラドームへ。

連日観戦のD1 #48さんと待ち合わせ、今シーズンからオープンしたスターダイナーで観戦。7回裏終了までビュッフェ食べ放題。ソフトドリンク飲み放題。試合前にたらふく食べて、防球ネットのないバルコニーで観戦。食事代、席代込みで4,000円を切る※のだから、かなり満足度が高い。(※阪神主催ゲームは8,400円らしい)

-----

試合は、2回表に今江のタイムリーで先制するも直後の2回裏、ペンのナックルカーブを捕れない田中雅彦が後逸連発。あっさり3失点。4回裏にも内野ゴロの間に失点。ペンはランナーを出すと球威が落ち、コントロールを乱す。先発のコマは他に小野や上野が居るので、一旦ファームで調整させるのが得策だろう。

いつもならコレで終わる所だが、6回表に4連打で3得点。打線が珍しく粘りを見せた。しかし、勝負を分けたのはこの後のオリックスの継投策。同点、なお二死一二塁の場面でスイッチしたのは右の香月ではなく左の吉野。代打福浦を封じる強烈な一手だった。マリーンズベンチは見事術中にはまり、田中雅彦をそのまま打席に送って凡退。勝負所で左右病を発症して勝ち越しの好機を逸した。

 一方のマリーンズは、ここから駄継投。大谷続投はヨシとしても二死三塁となった場面で右の梶本に対して左の中後をリリーフに送った。代打は左右病なのに継投は関係なし?この継投が裏目に出て、勝ち越しタイムリーツーベースを許した。

さらに最悪なのが7回裏。まさかの中後続投。先頭の大引に四球=続投。李大浩に四球=続投。バルディリスがタイムリー=続投。北川ヒット=ようやく交代。許したランナーは全員右打者。監督は試合を完全に捨ててベンチで寝てたのではないか?リードを3点差に広げられた挙げ句、次のイニングでは絶妙のタイミングで平野にスイッチされ万事休す。最終回は、もはや伝統芸能「追いつかない程度の反撃」を見せてゲームセット。ちなみに本日出場しなかった里崎は、何ともなく、明日の出場が明言されている。意味が分からない。監督は霊◯師にでも洗脳されているのか?

-----

試合後はフィールドツアーに参加。これが実に良かった。マウンドやお立ち台、ベンチといった普段絶対入れない所にアッサリ入れる。人工芝に転がり放題!外野フェンスにも激突し放題!外野ではキャッチボールも可。このサービスは凄い。

初遠出となったシトロエンの燃費は行きが約12.8km/lに対して、帰りは18.4km/lを記録。心なしかエンジン音も静かになった気がする。

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

コメント投稿

登録フォーム

:

:

:

:

ユーティリティ

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着コメント

Re:亥年
2019/01/05 from D5_31
Re:亥年
2019/01/04 from D1 #48
Re:アンダーカウル&シーソーペダル
2018/08/28 from D5_31
Re:アンダーカウル&シーソーペダル
2018/08/28 from 権限がありません
Re:神山~佐那河内プチツーリング
2018/04/19 from D5_31

過去ログ