エントリー

カテゴリー「Street Triple」の検索結果は以下のとおりです。

クシタニCBM@WEST-WEST

d1e1ded91b0050f59d07efa8661e707f.jpg

今年もクシタニコーヒーブレークミーティングに参加。AM6:40出発し、一般道でWEST-WESTへ向かった。

しかし、約40km程走行した地点、信号待ちをしている時に車輌に異変を感じ、近くのコンビニの駐車場に入ってチェック。ウインカーが正常に作動せず、ハイビームになったまま切り替わらない現象。キーを抜いてもメーターをリセットしても治らない。またかよー!トライアンフ・・・。ディーラーはオープンしてない時間だったし、任意保険のレッカーサービスも今年はもう使えない。ウインカーとヘッドライトのカプラを抜いて、手信号&LEDポジション灯で乗り切る。

とはいえ、目的地までは左折一回だけ。何とか辿り着いた。今年は感染症対策でコーヒーの配布は無し。代わりにカフェで使えるチケットがもらえる。そして、スタンプもアプリでQRコードを読み込むシステムに変更された。

長居は無用と、隣県のディーラーへ直行。途中、開店時間を見計らって入庫予約の電話。今年に入って4回目となり、手慣れたもの。ディーラーで作業を小一時間待ち、「スイッチボックスの不良」という結論が出た。部品を取り寄せて後日修理となる。工賃込み3万円の見積もり。直さないわけにも行かず、部品はお願いしたが、釈然としない。

保証期限外とはいえ、走行中、同時に複数の保安部品が動かなくなるのは致命的。設計上問題があるように思える。実際、この箇所は2017年モデルでリコール届けが出ており、対策後の部品で同じ故障が発生した訳で、軽くは扱えない。仮にこれが個体差による故障だったとしても品質管理の責任を問うことになる。

どちらにせよ、諸々壊れすぎで我慢の限界。週明け、ディストリビューターにクレームを入れてみようと思う。

潜水橋

給油ついでに近所の潜水橋で一枚。

DSC00610a.jpg

α6500 + SIGMA Contemporary16mm ISO100 F2.8 1/3200sec (Crop)

メーター再設定

交換に伴い、メーターの表示設定などがデフォルトに戻っていたので確認と調整。

・方向指示器の自動消灯機能ON。

・トリップメーター(1)をイグニッションオフから8時間で自動リセット。

・インフォメーショントレイから「コントラスト」の項目を非表示化。

・燃費が「KM/L」、温度が「℃」になっているか確認。

・日時の表示をYYYY/MM/DDに変更。

その下にもう一つ見慣れない項目「GEAR SHIFT IND.」・・・最初からあったのかもしれないが、改めて調べるとマニュアルに載ってなかったので、後から追加されたものらしい?

IMG_0622.jpg

どうやら、慣らし運転期間中に自動設定されているものと同様に、一定の回転数に達するとタコメーターゲージの色が変わって、ギヤチェンジのタイミングを教えてくれる機能のようだ。燃費重視の街乗りでは、あまり意味がない機能ではあるが、試しつつ適当に調整してみる。

復活

修理で預けていたStreet Tripleを引き取ってきた。メーターは保証で新品に交換。ついでにバッテリーも新品に交換してもらった。(こちらは有償)

事前に取り寄せていた保護フィルムを貼り、洗車時の磨きキズ対策。

IMG_0617a.JPG

外していたパーツを一通り元通りに組み付けて完全復活。

IMG_0615a.JPG

B07KX4X7LM
Speedo-Angels
NANO GLASS スクリーンプロテクター TRIUMPH STREET TRIPLE R/RS (2017+) x 2
価格:¥3,000
(2020年09月現在)
評価:5つ星のうち4.6 4.6

Amazonで見る

メーター交換

Street Tripleのメーターが点灯しない不具合が発生。これが結構な大事で、各所のチェック機構やイモビライザーが働かないためセルが回らず、エンジンが始動しない。

ヒューズは切れていないし、バッテリーを一旦外してフル充電してみたが駄目。OBD2スキャナーを繋ぐと「P1695=インストゥルメンタルパネルとの接続不良」のエラー。リセットしてみたが無駄。続いてハーネスの断線を疑ってテスターでチェックすると電源は行っている様子。念の為、迂回配線を作って繋ぐなどの悪あがきをしてみたが、症状に変化なくお手上げ。ディーラーに連絡し、任意保険のレッカーサービスを手配して入院となった。

保証期限の2年が経過しているため、最悪のケースを想定して部品代を調べると、メーターの本国価格は912.9ユーロ(約11.2万円)。しかも、UK/EU/US/JPで、それぞれ仕様が異なるらしく、海外オークションで中古品を見繕うことは不可能。少なくとも15万円以上の修理代を覚悟しなければならない。修理せずに売却してZX-25R ã„ろいろ検討しつつ連絡を待つ。

約一週間後、ディーラーより連絡があった。やはりメーター交換という死刑宣告...しかし、今回はレアケースの故障で、本国へ部品を送って調査した後、新しいメーターに交換、無償提供で話がついたとのこと。助かった!!!!!修理完了まで、もう暫く時間はかかるが、コロナ禍で遠出する予定もないし、カブが丈夫なので問題なし!

B0769TZRP8
Allcaca
Wi-Fi OBD II Scanner
価格:¥1,500
(2020年07月現在)
評価:5つ星のうち3.5 3.5

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ