エントリー

カテゴリー「カメラ」の検索結果は以下のとおりです。

α9カスタム

この世代のα7/α9は、グリップが小さく、小指が余る問題を抱えているので、まずはそれを解決。サムグリップを追加するだけで随分持ちやすくなった。重量級のレンズを装着する際には、α7iiiで使っていた同じメーカーのクイックリリースプレートを併用する。

ac11a8db94a525c0cb5f92da1152e620.jpg

背面液晶の保護ガラスは、評判の良いGRAMAS Extra。透明度が高く、ピッタリサイズの優良品。純正バッテリーと合わせて、α9購入時のポイントで入手できた。

1d95b10870cf81e17787d279bf13c286.jpg

SDカードは、α6500で使っていた古い世代のものだと流石に遅く、SunDisk Extreme 128GBを注文した。ひとまずスロット1のメインカードとして使うが、UHS-IIのカードを追加した際にはスロット2で運用する予定。その場合、バックアップと短時間の動画用になるので、「Pro」である必要は無く、海外リテール品で十分。

B07FXJB6JJ
INPON
サムグリップ Sony α9 専用 ブラック
価格:¥2,790
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち3.8 3.8

Amazonで見る
B07PJQDWS7
INPON
クイックリリースプレート α7III/α7RIII/α9
価格:¥4,289
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る
B079Z4N24P
GRAMS
DCG-SO06 GRAMAS Extra ソニー α9用
価格:¥2,750
(2020年10月現在)

Amazonで見る
B071NHTQMJ
SONY
リチャージャブルバッテリーパック NP-FZ100
価格:¥8,408
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.0 4.0

Amazonで見る
B07H48412Q
SanDisk
Extreme UHS-I SDSDXV5-128G 海外パッケージ品
価格:¥2,960
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.8 4.8

Amazonで見る

SONY α9

新しいレンズが来たので、カメラの方も買い替え。

IMG_0500.jpg

当初はα7cの購入を考えていたが、懸念材料が払拭できず、決めかねていた。巷で指摘されているカスタムボタンの少なさやグリップの小ささは、小型化とのトレードオフで納得できるとして、ビューファインダーがコンデジ並みという点と、シャッタースピードが1/4000秒までという点が気に入らない。

ということで、中古相場に目を転じると、現時点でα7IIIの美品が約18万円。缶コーヒー1本分の重量差を我慢すれば、2万円の運搬費用がもらえて、まともなファインダーやシャッタースピードが手に入る。中古ならじっくり待つ必要が無くなって話が早い。

しかし、そこで第三の選択肢α9が浮上。幾分古い機種ではあるが、プロ機だけにサポートが手厚い。特に発売から2年後にリリースされたファームウエア(Ver.5.00 リアルタイムトラッキング機能の追加)が、フルモデルチェンジ級のインパクトで、中古相場が一瞬高騰したほど。その後もアップデートされ、未だにトップレベルのAF性能を維持している。

さらに魅力的だったのが中古価格。発売当時の新品初値と比較して、α7IIIの価格下落率が約15%であるのに対して、α9の下落率は約40%。売却時のバリューまで考えるなら、市場価格が底を打ちつつも後継機とのスペック差が小さいα9に一定の需要が残ると考えた。一方、これから後継機が出るであろうα7IIIは、出回っているタマ数が圧倒的に多く、性能が近いα7cが強力なライバルになるのも逆風。先が読みにくい。

当初目論んでいたコンパクトなパッケージどころか、逆に重量アップとなってしまったが、Batisとのバランスは良いし、AF精度や連写性能は圧倒的で良い選択だったと思っている。

B071KWV9PZ
ソニー(SONY)
α9 ボディ ILCE-9
価格:¥388,636
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.3 4.3

Amazonで見る

Carl Zeiss Batis 2/40 CF

フルサイズ復帰レンズの一本目は、Carl Zeiss Batis 2/40 CFに決定。箱がデカい。

02d0d5992007012766bb9cb85d5e3a0d.jpg

40mmという画角は、Qで使っている01 STANDARD PRIMEに近く、これが絶妙に扱いやすくて気に入っている。また、CF(クロスフォーカス)の名が示すとおり、寄れるレンズだったり、見かけによらず軽かったりというのも常用にふさわしいと考えた。何より、これまで使ってきたSONY製Zeissレンズに外れが無かったので、本家Carl Zeissを一度所有したかったというのも理由の一つ。

当面はα6500で使うので60mm相当の画角となるが、新しいレンズが来ると新しいカメラも欲しくなってくるのが困りもの。

B07J2644H2
Carl Zeiss
Batis 2/40 CF
価格:¥158,400
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る

レンズフィルター

新しいレンズが来るのでフィルターを購入。

一枚目は可変NDフィルター。開放での白飛び軽減に必要なものではあるが、可変式は高価なものだと数万円するので、レンズ径に合わせて揃えるのは大変。最近のレンズに多い67mmなら使い回しが効きそうだし、お手頃価格のK&Fならということで試しに買ってみた。アマゾンプライムデーセールで25%オフだった。

もう一枚は保護フィルター。67mmはPRO1Dが余っているので、そちらを使うつもりだったが、何かの間違いか?という値段で投げ売りされていたULTIMA WRを見つけて思わず購入。Amazon.co.jp限定版は、撥水防汚コートがされているらしい。他のサイズは未だ手に入るようだが67mmは瞬殺だった。

B07GGW2NDW
K&F Concept
可変式 NDフィルター ND2-ND32 67mm
価格:¥5,920
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.2 4.2

Amazonで見る
B074MCNZ16
ハクバ
ULTIMA WR 67mm AMZCF-WRUTLG67 撥水防汚加工
価格:¥4,070
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る

フルサイズレンズ

SONYのコンパクトフルサイズ機、α7cが間もなく発売。

α7iiiからα6500乗り換える原因となったサイズ問題が解決するので、これを機にフルサイズに復帰する方針。但し、初値は高すぎるし、モーターサイクルショーの中止発表など、活躍の場が延期されているので、焦らずじっくりタイミングを見計らって移行する。

とりあえずα6500は保持したまま、レンズの方からお引越し。使用頻度の高いSonnar T* E 24mm F1.8 ZAと、フルサイズや他のマウントでも使えるGIZMON Wtulensだけ残して他は下取り要員に。

最初に揃えるのは、広角か標準域の単焦点。(FE 24mm F1.4 G Master、FE 35mm F1.8、Batis 2/40 CF、Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA、MACRO APO-LANTHAR 65mm F2)の五本が候補。

乗り換えるまではα6500で使うことから、55mmや65mmだと狭いし、G MasterだとSonnar T* Eと画角が被るので、コストパフォーマンスの高い純正35mmか、Batis 2/40が有力。

B07HSSRJ9D

SONY
FE 24mm F1.4 GM
価格:¥165,900
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち5.0 5.0

Amazonで見る

B07V3PS92L
SONY
FE 35mm F1.8
価格:¥65,990
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.5 4.5

Amazonで見る
B07J2644H2
Carl Zeiss
Batis 2/40 CF
価格:¥158,400
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.1 4.1

Amazonで見る
B00FYOF61K
SONY
Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
価格:¥87,999
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.6 4.6

Amazonで見る
B074W73GFC
VoightLander
MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
価格:¥97,680
(2020年10月現在)
評価:5つ星のうち4.4 4.4

Amazonで見る

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ