エントリー

カテゴリー「SCRAMBLER」の検索結果は以下のとおりです。

SCRAMBLER売却

IMG_0602a.JPG

お察しの通り、ここ数日で乗り換える方向へ一気に傾いて、本日SCRAMBLERを売却。

DUCATI SCRAMBLERは、2014年のEICMAで衝撃のアンヴェール。導入前から興味を持って、国内価格発表直後に契約。そこから納車まで4ヶ月待った。楽なポジションで長距離が苦にならず、その気になれば十分速い一台。空冷Lツインのワイルドな鼓動も楽しかった。また、発売当初からカスタムパーツが豊富だった点も非常に楽しめた。

一方で、タンク容量が少なく航続距離が短い点が不満。メーターにガソリン残量計も無いため、オドメーターを使って給油のタイミングを計る必要があった。(MY2019のマイナーチェンジで改良。)
それから、派生車種が矢継ぎ早に投入されたり、ライフスタイルの押し売りが過ぎる広告戦略に嫌気がさしたのも乗り換えを考えるきっかけになった。

とはいえ、1万5千km近くノートラブル。積載面で困ることも無く、元気に走ってくれた事には感謝。3年間どうもありがとう。

ということで、次のマシンはTriumph Street Triple R LOWに確定。既に木曜日に試乗し、一発で気に入って契約済み。あとは納車を待つのみ。

TRIUMPH STREET TRIPLE

天気が良かったので、日曜に見積もりを出してもらったトライアンフ岡山まで試乗に行ってきた。あまりの暑さに早くもフルメッシュパーカーを投入。但しトンネルに入ると寒い。高松西から高速に乗って、府中湖PAで休憩&水分補給&ヘルメットバイザー清掃(虫が多い)。約110km、2時間ちょっとのソロツーリング。

到着後、早速、誓約書にサインしてStreet Triple R LOWに試乗。軽い車体と良好な足つき。ポジションも違和感なく、跨った瞬間の気軽さはCB400を凌ぐほど。ハンドリングは軽く、ヒラヒラ感は250ccクラスに匹敵。しかし、アクセルを開ければ、紛れもなく大型車の推進力。地を這うように加速。これは面白い。

途中、信号待ちからの発進でエンスト1回。どうやら、これはNinja400の試乗で感じたアレと同じで、普段乗っているScramblerの感覚で乗ると低速トルクが不足するヤツ。後で教えてもらったのだが、アシストクラッチの癖も関係しているらしい。慣れれば問題ない範囲だと思われる。

一応RSの方にも跨がらせて貰ったが、こちらはテールがグッと上がって、景色が違って見えた。シート高が45mmアップするが、車体が軽いので支えるのは問題なさそう。しかし、自分にはR LOWの気軽さがベターに思えた。

神山~佐那河内プチツーリング

D9#1さんよりお誘いがあり、神山方面へプチツーリング。今回はSCRAMBLERで出動。昼過ぎに集合し、何度か話題に上っているユサンピザを目指した。

IMG_0539.JPG

ところが運悪く、予約が一杯で生地完売。ピザは諦めて松葉庵にて昼食~道の駅 温泉の里神山にてアイスクリーム。

IMG_0537.JPG

続いて神光寺へ。見頃を迎えた「のぼり藤」を見学。

IMG_0548.JPG

最後は大川原高原へ。標高900m地点までワインディングを一気に登った。山の上は、まだ少し肌寒く、シーズン前ということで売店も営業してなかった。

IMG_0549.JPG

下った地点のコンビニで、ピザリベンジを誓って解散。お疲れ様でした。

桜ソロツー2018

いつもの峠へ行ってきた。

ATBI4364.JPG

NMCM3871.JPG

増車

IMG_0358.JPG

計画を進めるべく、隣県のバイク店へ行ってきた。今日は気温が高く、ハンドルカバーを外して春装備で快適に走行。

到着するなり早速、お目当ての車両と対面。迷っていた二色のうちの一台が在庫。思っていたより大きく、立派な車体だった。念のため、もう一方の候補色を取り寄せた場合の納期や輸送費も聞いて一旦検討。

続いてSCRAMBLERの現時点の買取相場を知るため、査定を依頼。その間に店内の車両を見て回り、APRILIA CR150、HONDA CB190R、SUZUKI GSX-R150、KTM DUKE200をチェックした。

査定結果は、だいたい想定した範囲の下限+αといった感じ。これで今後の方針が固まったことから、最初に見せてもらった車両の見積もりを作成してもらい、その場で即契約。来週の水曜日に納車される予定。

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ