エントリー

カテゴリー「スポーツ」の検索結果は以下のとおりです。

独立リーグGCS 2019

勝った方が2019年の独立リーグ日本一となる大一番を観に行ってきた。

ルートインBCリーグ優勝「栃木ゴールデンブレーブス」を迎え撃つのは、四国IL優勝「徳島インディゴソックス」。ここまでの対戦成績は2勝2敗。4戦全て2点差以内(延長戦2試合)という互角の内容。

18:00のプレイボールに若干遅れて入場すると、既に一死満塁の大ピンチを迎えていた。この場面で、元ヤクルトの飯原誉士がセンターへ犠牲フライを打ち上げ、栃木がアッサリ先制。直後にダブルスチールを決められてピンチが続くと、6番の原田元気に甘く入ったストレートを左中間へ運ばれ二者生還。初回から重い3点が入った。

負けられない徳島は、先発の安藝を諦め、ここでなんと!エース竹内裕太を投入。竹内は2日前に先発し、7回125球を投げて勝ち投手になっている。7番 佐藤を見逃し三振に斬って後続を断った。

DSC00198.JPG

徳島はその裏、ヒットと2つの四球で一死満塁。5番 横溝に期待がかかったが、セカンドへボテボテのゴロ。何とか併殺は免れて1点を返した。

そして2回裏、崎ブライアンと友居の連続二塁打で1点差に詰め寄ると、5回裏は一死一三塁から、またも横溝がボテボテのセカンドゴロを打って同点。続く6番 吉田翼が前進守備のレフト頭上へ鋭い打球。一瞬追いつかれたかと思ったが、これがレフトオーバーのタイムリーツーベースとなって勝ち越し。

栃木のレフトは元阪神の西岡剛。この日は攻守に精彩を欠き、走塁死や落球もあった。

DSC00221.JPG

試合は竹内が無失点のまま最後まで投げ切って、ついに歓喜の瞬間。

DSC00251.jpg

DSC00252.jpg

牧野塁監督は就任1年目で日本一。

DSC00283.JPG

DSC00309.JPG

DSC00310.jpg

マニー・ラミレス

高知FDとの契約が7月で終了するため、前期終了の5月末までのプレーということになる。となれば、徳島の球場でプレーが見られるのは今日と明日が最後。一度は見ておこうということで、蔵本まで行ってきた。

開場時、打撃練習は終了しており、シートノックにも姿がない。ホントに来てるのか?と思っていたら、グランド整備が始まる頃、ベンチに姿を現した。4番DHで先発出場。

DSC04398.JPG

今日は両軍監督の真剣勝負で幕開け。打者 駒田徳広vs投手 養父鉄は、レフト前ヒットで駒田に軍配。

DSC04417.JPG

ラミレスの第一打席は二回表。高めの球を振り抜くと、打球は高い放物線を描いて右中間スタンドの奥へ突き刺さった。早々に肉離れで登録抹消され、10試合程度の出場に留まっていることもあって、これが移籍後初ホーマーとのこと。

DSC04467.JPG

その後の三打席は、好守に阻まれるなどしてヒットは出なかったが、本日終了時点の成績は.432(37-16) 7打点と、そこそこ打っている。

さて試合は、先制を許した直後の二回裏に徳島が満塁のチャンスを作り、押出し→犠飛→タイムリーで逆転。六回表、高知がアンダーソンのタイムリーで1点差まで追い上げるが、徳島が細かく継投。

4番手で投げたカブラルはユニフォームの製作が間に合わず、監督の77番を背負って登場。最後は「出戻り二刀流」ことジェフンが三者三振斬り。引き分けを挟んで六連勝。

DSC04529.JPG

■ 5/10 徳島IS vs 高知FD

兵庫~大阪の旅

今年からルールが滅茶苦茶になり、次に甲子園で阪神-ロッテの交流戦が見られるのは再来年以降。その時、都合よく自分の休日と重なるかどうかも分からず、今年を逃すとノーチャンス。ひと月前から計画して観に行ってきた。梅雨入りの翌日ながら見事快晴。

甲子園の前に吹田のライコランドを訪れ、バイク用ヘルメットの試着。サイズで迷ったので購入は見送ることにしたが、この選択が後々迷走を招く。

意気揚々と甲子園へ乗り込んだが、流石に早すぎ。まだ清掃すら入っていな様子で、昨日のものと思われるジェット風船の残骸が散らばっていた。

DSC03166.JPG

とりあえず2010年に埋めたDESTROYERSレンガを確認し、甲子園歴史館を観覧してもまだ13時台。車を預けた駐車場には、当日最大料金の設定があるので出すのは勿体ない。しばらく球場周辺を宛もなく散歩した。

その後、昼食を取りながら午前中試着したヘルメットの件を熟考。試合開始まで4時間近くあるので、とりあえずもう一度試着してみようということで、梅田の南海部品本店へ電車で行ってみた。ところが目当てのメーカーの取り扱いがなく退散。こうなればもう一度吹田まで行くしか無い・・・
試合開始10分前。ヘルメットの箱を抱えて甲子園駅から駐車場へ急いだ。球場へは少し遅れて到着。既にロッテが先頭打者の出塁を無駄にして初回の攻撃を終えていた。

試合は何の見どころ無く完封負け。今江とマートンの併殺合戦くらいしか記憶に残ってない。

DSC03322.JPG

伊東政権は契約通り、今年で終了でいいだろう。西村よりマシと自分に言い聞かせて現実を受け入れたのが3年前。最初の数ヶ月は良かったが、徐々に無能ぶりを露呈。特に育成面は歴代ワーストクラス。3年経って一軍に定着した新戦力の野手が田村と吉田だけという状況。その中で、田村のプレーが里崎の影響を濃く受けているのが誰の目から見ても明らかという皮肉。捕手育成を大命題とされていた伊東は、自ら手塩に掛けた吉田を最も安定感のある石川と組ませるなどして、積極的に使っているが・・・
また、キャリアハイの成績を残しそうなのが今年の清田のみ。昨年一年干されてファームで指導を受けたのがよほど良かったのだろう。思い起こせば、西武の監督時代も戦力を食いつぶしつつ先細りの成績~解任だった訳で、至極順当な結果といえるだろう。雇った側にも問題がある。

2015プロ野球中継

FOX SPORTSは今年からソフトバンク主催試合のみ中継となる。オリックスはJ SPORTSへ。ロッテはTBSニュースバードへそれぞれ移動。その他、楽天は日テレ+からJ SPORTSへ。以上をまとめるとこんな感じ。

ソフトバンク:FOX SPORTS
オリックス:J SPORTS
日ハム:GAORA
ロッテ:TBSニュースバード
西武:テレ朝チャンネル2
楽天:J SPORTS

巨人:日テレG+
阪神:SKY・A sports+(*生中継42試合)/GAORA(*生中継23試合)
広島:J SPORTS
中日:J SPORTS
横浜:TBSチャンネル2
ヤクルト:フジテレビONE

独立リーググランドチャンピオンシップ第一戦

夕方5時頃、突然思いついてJAバンク徳島スタジアムへ。試合開始前ギリギリ間に合った。

覇権を争う群馬ダイヤモンドペガサスは、BCリーグ三冠王(打率.396 33HR 87打点)で、元オリックスのカラバイヨを中心とした強打のチーム。アレックス・ラミレスも所属しているが、9月に緊急帰国しており、帯同していない。(出場選手登録はされている。)

試合は、序盤不安定だった相手先発の堤を攻めて、4番大谷がレフト前タイムリー。外野手がボールを弾く間にセカンドランナーも生還。幸先良く2点を先制した。
続く2回もランナーを貯めて二死満塁のチャンス。ここで、またも大谷がライト前へタイムリー。セカンドランナーは本塁憤死で1点止まり。

DSC02884.JPG

徳島インディゴソックスの先発入野も序盤から不安定。再三ランナーを貯めながら何とか凌いだ。そして迎えた7回表、無死二,三塁から、カラバイヨの内野安打で1失点。尚もピンチが続いたが、リリーフの山本が快投。見事後続を斬って逃げ切った。

DSC02970.JPG

両先発が四死球を連発し、試合が長くなりそうだったが、共にリリーフが良く、終盤はテンポが良かった。

DSC02997.JPG

DSC02979.JPG

徳島は上位打線が足でかき回し、中軸で返すパターンが決まったのと、カラバイヨにまともな仕事をさせなかったことが勝因だろう。球審のストライクゾーンにも助けられた。

グランドチャンピオンシップは、明日行われる予定の第2戦までが四国開催。来週から前橋に移動し、全5戦の3戦先勝で行われる。

DSC02919.JPG

ユーティリティ

日 月 火 水 木 金 土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ