エントリー

自室のエアコンを買い替えた。

DSC00116.JPG

室外機に異音が出るようになって騙し騙し使っていたが、ついに先日の台風にトドメを刺された形。時期が時期なので、取り付け工事に相当時間がかかるものと覚悟していたが、運良く最速日程で設置完了。

購入したのは、SHARP AY-J22D-W。汎用のJ-Sシリーズにプラズマクラスター25000やエコ運転機能が付加されたモデル。
無線LANを内蔵しており、スマホアプリで細かい設定ができたり、電気料金が確認できたり、遠隔操作ができたりという機能が便利。

-----

スポンサーロゴステッカーを作って2019年シーズン GRT YAMAHA仕様に近づけてみた。

DSC00146.JPG

頭頂部の「PATA」は、曲面にステッカーを貼るのが難しく、シワを取りきることができなかった。そもそも、折角のグラフィックが隠れてしまうので、これは今回限りで剥がしてしまう。

DSC00140.JPG

ちなみに、顎の「PATA」を剥がして、「NOLAN」ステッカーをその位置に貼ると、2017年~2018年のARUBA.IT RACING仕様になる。

スマホの設置方法をシンプル化。

REC MOUNT PLUSのGoProマウント変換アダプターを用いてハンドルポストにマウント。

DSC00106a.JPG

DSC00108.JPG

充電もマグネット式に換えて、一本のケーブルでLightningとUSB TYPE-Cの両方に対応できるようにした。

DSC00109.JPG

-----

DSC00133.JPG

2017年末に海外で発売されてから、ずっと購入するつもりでいたが、2018年から国内導入モデルはウルトラカーボンに限定。Melandriレプリカもレギュラーグラフィックのみで、イタリアGPスペシャルだったこのグラフィックの導入は見送られた。
続く2019年。地元優勝を飾った縁起の良いモデルとして、レギュラーヘルメットに昇格。満を持して日本にもようやく上陸。しかし、またもやウルトラカーボン...フルグラフィックでカーボンを覆い隠す意味不明な仕様。売り方も気に入らず、正式発表前にこっそりと、限られた店舗にて少数だけ販売するという暴挙。売価10万円弱。購入意欲が雲散霧消となった。

しかし先日、メランドリが今年限りでの引退を発表。現役最終モデルのレプリカとなれば、何とか確保したいところ。ただし、トンチンカンな国内モデルに高額を投じるくらいなら、リスクを背負ってでも海外から取り寄せた方がマシということで、複数のサイトを調査し、FC MOTOのサマーセールで購入することにした。 結局、国内仕様の半額ほどで無事入手できた。

DSC00134.JPG

X-802Rからワンサイズ下げたMサイズにしてみた。MとLは同じ帽体だが、軽量化が進んでいるようで、持った瞬間から軽さが実感できる。弾力がありつつサラッとした内装も快適。頬パッドの取り付け方法が見直され、脱着が簡単になった。
シールドの形状はX-802以来変更が無く、数年前に購入したミラーやスモークがそのまま使えるのが嬉しい。

D9#1氏とD6#27氏の3人で、美馬市の山の中にある農家レストランへ行ってきた。今回は、険しい道が想定された為、小回りの利くNAVI110で出動。

AM11:50に集合すると、現れたD9#1氏のバイクが違う!以前から乗り換えるプランは聞いていたが、いきなりW650に変わっていて驚いた!

目的地の農家レストラン風和里は、クネクネと細い山道を6km登った先。落石や枝葉などが散らばり、ガードレールのない道を慎重に運転。

風和里定食(蒸し鶏+玄米をチョイス)。野菜たっぷりでボリュームがありつつヘルシー。

DSC00095.JPG

帰りは別の道を下ることにしたが、最終的に往路で通った道へ合流。何処かで分岐を間違ったらしい。

続いて、穴吹川の二又の瀬で川遊び。大変賑わっていた。約1時間ほど浸かって帰路についた。

DSC00098.JPG

ページ移動



ユーティリティ

calendar

072019/0809
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

archive


ACCESS





AD